about
会社案内 Company introduction
無錫先導知能設備株式会社

無錫先導知能設備株式会社(以下LEADと略称)は2002年に創立され、「国家トーチプログラム重点ハイテク企業」と「国家工業化情報化融合モデル企業」である。世界中リチウム電池生産設備のメーカーの中で、LEADは既にトップ地位となり、コンデンサ、太陽電池、3C向けスマート設備のメーカーとしても、国際市場で上位に位置している。

2015年5月18日、LEADは創業板(ベンチャーボード)に上場し、株式コードは300450で、時価総額は300億元を超えている。現在、会社全員は3500人以上で、開発エンジニアは700人ぐらい占めている。その中に、修士と博士合わせて100人ぐらい。会社は20万平方メートル規模の製造基地と開発センターを建設している。

国際最大のリチウム電池設備メーカーとして、LEADはパナソニック、村田(元来のSony)、SAMSUNG、LG、TDK、ATL、CATL、BYDなど有名な電池メーカーと相次いで戦略的パートナー関係を結んだ上に、一流的な博士開発チームも導入して、お客様に先進的なリチウム電池生産知的生産設備をフルラインまで提供できる。

LEADは原材料搬送、混合から、コーティング、ロールプレス、スリット、巻取、組立、活性化、容量仕分け検査、全体搬送システムなどまでトータル生産設備を提供し、自主開発したMES製造実行システムと組合わせて、リチウム電池メーカーのためにスマート工場を構築できる。

2017年、中国トップレベルの充放電電源、容量仕分け検査、自動搬送システムなどをカバーする後工程の生産自動化ソリューションサプライヤーである珠海タイタン新動力電子有限会社を100%買収した。

太陽電池の分野では、GCL、LONGI、トリナ・ソーラー(Trina Solar)、ジンコ・ソーラー(Jinko Solar)、カナディアン・ソーラー(Canadian Solar)、JAソーラーなどと戦略的パートナー関係を結んでいる。会社はフィンランド、シンガーポール及び日本から博士チームを呼び込んで、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(略語:UNSW)と協力し、太陽電池転換効率向上するための生産設備及びフルライン知的解決案に専念している。LEAD製ALDパッシベーション設備、RIEドライ方式ブラックウェハー設備とMBBマルチバスバー配線装置は、世界先端レベルまで達しており、自主開発したMESシステムと組合わせて、太陽電池メーカーのために無人化工場を構築できる。

コンデンサの分野では、LEADはパナソニック、TDK、ニチコン、シュナイダーなどに先進的な車載用コンデンサと高圧電力用コンデンサ向け巻取装置を提供し、アメリカ、ドイツ、日本など20ヶ国まで輸出している。

3Cの分野では、LEADは一流的な開発チームを導入し、視覚技術、ソフト開発、デバッグ、組立などの面では世界先端レベルとなって、携帯電話、タブレットPC、ディスプレイ、カメラモジュールなどの業界に解決案を提供できる。

「匠の精神を追求、技術向上に専念」という理念を持ち、LEADの製品は性能的で世界トップレベルに達し、お客様の要望に応じて各種スマート設備をカスタマイズすることが可能。専門特許が200件以上授与され、複数の設備が江蘇省ハイテク製品、江蘇省初の重大装置、江蘇省ブランド製品などと認定されている。

LEADは十数年を掛けて非標準自動化設備の分野で研究し、中国製スマート設備の技術的潮流をリードし、製造業のモデル転換と高度化の典型例となっている。将来、LEADは引続き革新改善し、中国の「製造強国」という戦略的目標を実現するよう努力する。

网站流量监控代码