about

無錫LEADが再度中国中央テレビのニュース番組「新聞聯播」に放送され

2017.04.07

4月6日の夜、中国中央テレビのニュース番組「新聞聯播」は重要な位置で「江蘇省スマート製造が製造業の発展を推進」をテーマにして、江蘇省スマート製造を推進する代表である無錫先導智能装備股份有限公司が、スマート製造を主要目標とし、製造業を先端までどんどん推し進める会社のイメージを報じた。

報道によると、供給側構造改革を深化するため、製造業で発展して来た江蘇省はスマート製造を主要目標とし、製造業を先端まで発展することを押し進めている。

無錫先導智能装備股份有限公司の電気自動車用リチウム電池セルを生産する重要な設備「マルチタブ式動力電池用巻取機」は、国産ハイエンドリチウム電池用生産設備の空白を埋めた。このLEAD より開発した設備は、800mm/s以上の線速度と0.3mmの巻きズレ精度で、生産能力と品質の向上を実現した。

こんな爆発力と牽引力を備える新たな成長点は、江蘇省の全力推進と切っても切り離せない。この設備の開発を支持するため、江蘇省は1000万の特定資金を援助した。工業用地が不足の時も、現地政府が慣例を打ち破って、グリーンルートを開設した。政府の支持があったこそ、会社は毎年営業収入の6%を研究に使い、革新で発展を加速することができるからだ。

董事長王燕清氏が、後工程の設備メーカを買収することで動力電池生産のフルラインを繋ぎ、お客様に「製造+サービス」という方式でフルラインに於ける解決案を提供し、ハイエンドスマート設備分野での国内ブランドを作り出すという展望を述べた。

その外、この前開催された江蘇省製造業大会では、無錫先導智能装備股份有限公司の董事長王燕清氏が無錫唯一の会社代表として発言した。

今度、スマート製造の代表会社として、再度中国中央テレビのニュース番組「新聞聯播」に報道され、実は正真正銘の人気企業と言える。2016年、会社営業収入は前年同期比101.26%増の10.79億元を実現した。純利潤は同期比99.68%増の2.91億元だった。LEADは自主革新という会社コア競争力を増加する方法を終始堅持している。会社は今6800平米の開発センターを有し、建設中の新工場は更に10000平米の開発センターを増加する見込みだ。