about

LEADは【2016高工ゴールデン・グローブ賞】で”上場企業年度表現賞”と”年度革新製品”2賞を獲得

2016.12.10

2016年12月9日の午後、2016年度高工リチウム電池・電気自動車ゴールデン・グローブ賞授賞式及び高工産業研究10周年記念大会が盛大に開催された。今回のゴールデン・グローブ賞選考で、無錫先導智能装備股份有限公司は”「2016上場企業年度表現賞」と「2016年度革新製品」2賞を獲得した。

今回の高工锂電・電気自動車ゴールデン・グローブ選考は、「業界新動力を探す」をテーマに、評判で価値を計量、革新で先制のチャンスを掴む、品質で市場を獲得という標準で実施した。ここ数年、高工ゴールデン・グローブ賞は産業革新とブランド影響力の指標となっている。今回の選考は微信(WeChat)投票、専門家審査、製品評価、調査研究などを経て半年続いた。24賞は材料、設備、セル、パック、BMS、モーター、電気制御、完成車など新エネ車産業チェーンの各段階をカバーしている。変わり続けている政策と激しい市場の中に、無錫LEADは国際トップレベルのリチウム電池設備のメーカとして、「中国新動力」を示すため自分の力を貢献しているので、獲得した賞に対して名実ともに相応しいと言える。

2016上場企業年度表現賞

2016年、業績の面でLEADは優秀な成績を収めた。2016年1-9月、営業収入は同期比112.81%増の5.93億元をだった。純利潤は同期比128.95%増の1.53億元だった。

2016年度革新製品

2016年度ゴールデン・グローブ賞革新製品を獲得したEV用マルチタブ巻取機は、LEADの開発チームより絶えず検討を行い、改善と実験を重ねた成果である。

この巻取機は超低張力に対応でき、セパレーターに傷を付けない。線速度は800mm/s以上で巻取効率は6PPMまで達する。設備全体はEtherCATフィールドバス制御システムを採用するため、干渉抵抗力が良い一方、同時性も高いので、超高速の反応特性がある。

(1)低張力、高速度、高精度、張力変動は6%以内に抑え、日本と韓国設備を超える。

(2)巻きズレ精度は±0.3mm以内に抑え、市場にある同類設備の巻きズレ精殆ど±0.6mm以上。

(3)全体の速度は同類設備の1.5~2倍で、スピードアップの同時に製品の品質も高めた。

(4)安全性は最高。設備設計時からセル品質の安全を十分考慮している。例えば、粉塵の防止、バリの防止、部品材料の正確選用など。